のんびりと煙草をふかし終えたその時

山から見下ろした景色

 

これは大学時代、裏手の山でのんびりと煙草をふかすのが日課だった頃の話。

 

学生のざわつく声や車道の車の音を遠くに聞いて、木の擦れる音や鳥の声を楽しみながらの一服。

 

ある日、煙草も吸い終わってふと大学側を見下ろすと、平日の昼間だというのに講内には誰も居なくなっていた。

 

同時に、ざわつきも車道の音も、鳥の声すらしない。

 

風は止んで木も揺れない、時間の隙間みたいな感じだった。

 

しばらく呆けていると、「カァ」という甲高いカラスの鳴き声が上がる。

 

それを合図にしたのか、せき止めた水が溢れるように一斉に色んな音が耳に飛び込んできて、結局その日は一日中、惚けたようにそこに居た。

 

その絶望的な静寂と、眩暈(めまい)のするような解放をもう一度味わいたくて、在学中は何度もそこに足を運んだが、同じ体験をすることはなかった。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年10月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ