古着屋で買ったジーパンから

古着屋でジーパンを買ったら、

そのポケットの中から

幅2センチ程に折り畳まれた

紙が出てきた。

 

古着のポケットに、

何か入っていること自体は、

珍しくもないと思っていた。

 

だから気にせず

そのまま捨てたのだけど、

数日後、

何気なしにポケットに手を入れると

また出てきた。

 

この時点で相当怖くなったので、

友達を呼んで、

その紙を開いてみる事に。

 

友達は、こんなのが大好きなので

喜んで来たんだけど、

その紙を開いてみた途端に、

顔を青ざめながらこう言った。

 

「ここに書いてあることは

知らない方がいいよ。

この紙は私が供養しておくから」

 

供養?

 

私は不信に思ったのだけど、

ホントに怖い話系も

まともに聞けないぐらい怖がりなので、

内容は聞かない事にした。

 

次の日、友達は

原付バイクにはねられて右足骨折。

 

絶対、あの紙のせいだと思った私は、

友人に紙の内容について

聞いてみることにした。

 

友人も相当へこんでいて、

普段からは考えられないくらい

元気がなかった。

 

ここで問いつめるのも気が引けたけど、

事故まで起きてるのでは、

自分もただじゃ済まない気がして、

おもいきって聞いてみた。

 

事故は自分の不注意で

起きたんだから、

あの紙は関係ないと、

なかなか教えてくれなかった。

 

だけど、何度も頼み込むと、

やっと内容を話してくれた。

 

青いボールペンで、

「なんで俺は死んだのに、

お前は生きてるんだ?」

と、雑な字で

書き殴ってあったらしい。

 

ちなみにその紙は、

友人が神社で供養したと言っている。

 

こんな雨の降る夜は、どうしても

この事が頭にこびり付いて寝れない。

 

友人に担がれただけなら

いいのだけど・・・。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


One Response to “古着屋で買ったジーパンから”

  1. 名無しさん より:

    その手のものは神社じゃなく、お寺で供養するもの。

コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ