火の見に付いていた鐘を奪ってから

火の見の鐘

 

今でも後悔しているが、高校を卒業して暇だった頃の話。

 

ある時、友達のバカップルが「結婚する」と言い出した。

 

言うだけで絶対に結婚しないとは思っていたが、暇だからお祝いパーティーを仲間内でする事になった。

 

海辺でBBQをしながら、ウェディングベルを鳴らして花火をする計画だったのだが、肝心のウェディングベルなんてどこにも売っていない。

 

そこで友達Aが、「もう使われていない古い火の見に付いている鐘を使おうぜ」と提案した。

 

火の見

(火の見) 火災を発見するために設けたハシゴ。頂上に半鐘をつるし、打ち鳴らして火災を知らせた。

 

Aの言う火の見は、家が全くない荒れ地にポツンと建っていて、誰も近づかない様な場所にあった。

 

ハシゴは腐食していて、「危険のぼるな」という看板も辛うじて読める程度のものだった。

 

15メートル位の高さだったと思うが、登るのは本当に怖かった。

 

そこに付いていた鐘は一人では持てないほど立派な鐘で、たしか明治××年と書かれてあったと思う。

 

それを三人で運び下ろすと、近くの空き地で白と銀のスプレーで綺麗に色付けをしてウェディングベルに仕上げた。

 

完成したのは夕方で、鐘を車に積み込み、三人でご飯を食べに車で出かけた。

 

その時に運転していたのは俺なのだが、カーブでハンドルをとられて壁に衝突した。

 

完全に足回りがやられ、即廃車になってしまった。

 

だが、これが始まりだった。

スポンサーリンク

鐘は何かに取り憑かれていたのか?

その日は車をぶつけたショックで落ち込んでいたが、とりあえず荷物をBの車に積み替えて、そのままBの家で寝ることに。

 

次の日、車4台で海に出発したが、10キロメートルも走らないうちに、鐘を乗せたBの車がCの車に追突して、そのままガードレールに衝突した。

 

幸い、フロント部分が大破しただけで怪我人はいなかった。

 

Bは、「ブレーキが効かなくなった」と言い張っていた。

 

そこで計画は中止に。

 

Bは、なんとか車で帰ると言うので、荷物を移動して、Cと一緒に帰って行った。

 

残ったのは7人。

 

気まずい雰囲気もあったが、俺も狙っていた女の子がいた為にドライブする事にした。

 

俺は後席に座り、Dが運転手。

 

鐘はトランクに入っていた。

 

よく走る山道。

 

次のカーブがきつい事を知っていた俺は、とっさに後席から「ブレーキ!」と叫んだ。

 

スピードメーターを見ると、70キロ。

 

いくら広い山道とはいえ、カーブの連続する道で出すスピードではない。

 

肩越しにDの足を見たが、確かにブレーキを踏んでいるようだった。

 

でもブレーキは効いていない。

 

曲がりきれないと思った。

 

その時、トランクでゴトッと鐘の倒れる音がした。

 

対向車線に黒のワゴンRが走ってきて、正面衝突した。

 

相手の車は横転し、Dの車も山に突き刺さった。

 

俺は幸い軽傷だったが、Dは顔に穴が開き、腕からは骨が露呈して血だらけで悲惨な状態だった。

 

携帯が繋がらない場所だったので、1時間程して救急車で運ばれて行った。

 

その日、俺はめちゃくちゃ滅入ってしまい、帰ってすぐに眠った。

 

そして翌朝、親父が恐ろしい夢を見たとか言い出し、聞てもいないのに話し始めた。

 

それは、「カラフルな鐘に物凄い亡霊が憑いていて、お坊さんが頑張って除霊しようとしたが結局は取り殺された」という夢の内容だった。

 

俺は、前日の事故の話も鐘の話も一切していなかったから本当にビビってしまい、すぐさまAと廃車置き場に鐘を取りに行き、元の場所に返してきた。

 

その時に鐘を乗せたAの車は、その夏に川の氾濫でAの家ごと浸水して廃車になってしまった。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ