部屋を揺らし入ってきた男たち

その晩、彼は眠れなかった。

 

テレビをつけようとしたら、

急にバチンと消えた。

 

部屋中、真っ暗になった。

 

ブレイカーが落ちたのかと思ったが、

わざわざ一階まで降りて

点けに行くのも面倒だったので、

そのまま横になることにした。

 

相変わらず眠れない。

さらに眠れない。

 

下宿の裏庭から足音が聞こえた。

 

その足音は、一人ではなかった。

2人・・・いや、3人。

 

足音は息を殺しながら、

何かを探しているようだ。

 

だれかの部屋を探している。

表からではなく裏から。

 

なんかやばいとは思ったが、

幽霊とかその類とは考えなかった。

 

自分の部屋の下でも立ち止まったが、

足音が完全に消えたのは、

その横の部屋の前だった。

 

少しして地震が起きた。

 

最初のうちは、

たいした揺れじゃなかったが、

その揺れは止まず、

ますます強くなっていく。

 

地震じゃない。

その時、思い出した。

 

あの足音の主は、どうなったんだ。

 

恐る恐る、窓に近づく。

カーテンを少し、めくる。

 

揺れが、また激しくなる。

窓を開けないと斜め下を見れない。

 

カタカタ音を立てる窓を、

ガタガタと開ける。

 

その時、周りに明かりがなかったのに、

そこだけは見えた。

 

男が二人、斜め下の部屋の、

窓か壁に両手をついていた。

 

ドンドンと揺らしていた。

驚いて後ろに飛び退いた。

 

出口は裏庭とは逆だが、

逃げられないと思った。

 

布団に包まり、

必死に他のことを考えようとした。

 

その時、窓を開けたままだということに

気がついた。

 

このままでは眠れない。

でも、窓には近づきたくない。

 

揺れは弱いながらも、

まだ続いていた。

 

布団を被って、窓を閉めにいく。

 

何でこんな日に風があるんだ。

カーテンも揺れる。

 

見たくもない窓の外がチラッと映る。

何もない、何もない。

 

またカーテンがめくれる、

それは風ではなく、

男の手だったという。

 

そしてその瞬間、

黒紫の男の顔を見た。

 

朝、気がつくと、

窓は閉まっていたらしい。

 

すぐに荷物をまとめて、大学に行った。

それから数日、部屋に戻らなかった。

 

それでも、どうしても必要なものがあるので、

友人を連れて昼間に、

再び部屋に足を踏み入れた。

 

別に部屋は荒されてなかったが、

そこら中に足跡がついていた。

 

私は、この話を聞いても、

単なるヤクザとかじゃないかと思いました。

 

それを彼に言うと、

彼は怒ったようにこう言いました。

 

「壁や天井にも足跡がついてたんだぞ」

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。

ピックアップ③

アクセスランキング

このページの先頭へ