人が歩いた跡のような窪みと悪臭

川原

 

これは、昔馴染みの話。

 

ある朝、里山を歩いていると、酷い“悪臭”に襲われた。

 

生臭い匂いが、眼下の川原から立ち上ってくる。

 

何か死んでいるのかと下りてみたところ、砂地の上に点々とした窪みが続いていた。

 

ぱっと見た感じでは、“人が歩いた跡”のように見える。

 

藍藻のような物が所々にこびり付いているようで、それがとてつもなく臭い。

 

窪みは川が淵になった場所で途切れていた。

 

散歩していた近所のおじさんが、彼と同じように川原へ下りてきた。

 

「おや、久しぶりにエンコウが出たのか」

 

おじさんによると、これは『エンコウ』と呼ばれる生き物の足跡だという。

 

いわゆる河童みたいなモノなのだと。

 

「あいつら日の高いうちは出てこないから。だからしばらくの間、暗くなってからはこの辺をうろつかない方がいいぞ」

 

それだけ言うと、おじさんは散歩に戻っていった。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ