「ああ、ひょっひょさんが来たよ」

橋

 

これは、友人から聞いた話。

 

彼女が幼かった頃、冬になると祖母が時々こんなことを言っていたそう。

 

「ああ、ひょっひょさんが来たよ」

 

そして次の朝、夜明けの光がまだ差してこないうちから祖母に起こされる。

 

眠い目を擦りながら庭へ出ると、一面に霜が降りて真っ白な中、池に架かった橋の上には『小さな小判型の跡』が五つ六つ付いている。

 

祖母がそんなことを言った翌朝には必ず跡はあるが、何にも言わない日には何もない。

 

やがて祖母が亡くなり、ひょっひょさんのことも忘れてしまっていた。

 

しかしある晩、彼女は受験勉強をしていると、不思議な声が側を通り過ぎて行った。

 

「ひょっ、ひょっ、ひょっ、ひょっ、ひょっ・・・」

 

まるで、石から石へと飛び移っている少年のような声。

 

ふと祖母の話を思い出し、目覚しをうんと早い時間に合わせてすぐ寝床に入った。

 

次の朝、まだ薄暗がりの中、庭の池を見に行くと、橋の上にはやっぱり小判型の跡がいくつか残っていた。

 

母に聞いても、全く何もわからないそう。

 

「今度は私がひょっひょさんを孫に伝えることになるのかしらね」

 

友人はそう言って首を傾げていた。

 

※「ひょっひょさん」という呼び名は仮名

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ