見えない脱いだもの

今から5年前、

自分が専門学校生だった頃の話です。

 

同じクラスに仲のいい子がいたんですけど、

その子(以後A)と昼飯を食べていた時に、

 

A「そう言えばな、俺の地元に

変わった奴おんねん」

 

俺「・・・どんなん」

 

A「脱げるねん(笑)

 

俺「・・・ごめん、言うてる意味が

ようわからん」

 

A「まぁそうゆうと思ったし、

俺も口でちゃんと説明できへんわ。

やから今度会わすわ」

 

俺「うん、なんか、

うさん臭いけどよろしく」

 

こんな事を話していました。

 

そして後日、学校の近くの公園で、

AとそのAの地元の友達(以後B)

会う事になりました。

 

俺「おう、遅れてごめん」

 

A「遅い!・・・まぁええけど。

とりあえず紹介します!彼がBです!」

 

B「・・・どうも。あの、

Aから話聞いてると思うけど、

たぶん話するより見た方が早いと思うんで、

早速脱ぎますね。

じゃあちょっとA手出して」

 

B君がそう言うと、Aが手の平を上に向け、

両手をB君の前に差し出しました。

 

俺「・・・?」

 

すると、B君がAの前でTシャツを

脱ぐ素振りをして、その脱いだ何かを持って

ゆっくりとAの手の平に乗せました。

 

(・・・なにこれ。パントマイム?)

 

A「・・・おぉ!!やっぱすげ~!

○○(俺)も手出してみ!」

 

正直この時、こんな茶番劇を見せられる為に

俺は来たのかと思うと、イライラしてきました。

 

俺「・・・ええわ、理解できへん。

おちょくってるとしか思えんし」

 

A「ええから!騙されたと思って

やれって!」

 

Aはそう言うと、俺の腕を強引に引っ張り

B君の前に出しました。

 

そしてさっきと同じようにB君がシャツを

脱ぐような素振りを見せ、『それ』を

俺の手の平にそっと乗せました。

 

「・・・うわああああぁ!!!

・・・えーっ!?」

 

A「なっ!?なっ!?

すごいやろ??」

 

手の平に、ちゃんと重みのあるブヨブヨした

何かがあるんです!!

 

何にも見えないのに。

 

「なんなんこれっ!!!

なんかあるやん!!」

 

その盛り上がりときたら凄まじかったです。

 

そして一通りワイワイ楽しんだ後、

B君に話を聞きました。

 

B君いわく、霊感とかそうゆう類いのものは

全くないのに、こんなことが出来るらしいです。

 

しかも、無限に脱げるらしいです。

 

しかし脱ぐと結構疲れるらしく、

前に調子に乗って脱ぎすぎて

フラフラになったことがあると言ってました。

 

俺が思うに、あれは自分のオーラ的な

ものではないかなって思ってます。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ