突然訪ねて来た友達がおかしい

ベランダ

 

ある日の夕方。

 

僕が自分の部屋で

本を読んでいると、

 

突然、窓をバンバンと

叩く音がした。

 

びっくりして振り返ると、

 

友達のB君が興奮しながら

窓を叩いていた。

 

B「A君!開けて!開けて!」

 

(A)が慌てて窓を開けると同時に、

物凄い勢いでB君が話し出す。

 

B「あのさ、ついさっきの

話なんだけど!」

 

「ちょ、ちょっとB君、

その前にさ・・・」

 

B「まあ聞けって。

 

さっき、自転車に

乗ってたんだよ。

 

河原走ってて・・・」

 

「・・・うん」

 

B「しばらく走ってて、

 

何かおかしいな~って思って

自転車降りたらさ・・・」

 

「どうしたの?」

 

B「自転車の鍵のチェーンを

掛けたまんまだったんだよ!」

 

「え?」

 

B「だ~か~ら~、

 

チェーンが掛かってて

タイヤが回らなかったの」

 

「・・・?

 

それでどうやって

走れるの?」

 

B「分かんないよ。

 

その時までは走れたんだよ。

 

でもさ、

その後はダメだった」

 

「ダメって?」

 

B「チェーン掛かってる

って事に気付いたら、

 

走れなくなっちゃった」

 

「そうなんだ・・・」

 

B「無意識だから

出来たのかなぁ・・・。

 

あ、A君、

 

さっき何か言いかけて

なかったっけ?」

 

「え?!・・・あ、

うん・・・あのさ・・・」

 

B「?」

 

「・・・ここ5階なんだけど、

 

B君どうやってそこに

立ってるの?」

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ