突然訪ねて来た友達がおかしい

ベランダ

 

ある日の夕方。

 

僕が自分の部屋で

本を読んでいると、

 

突然、窓をバンバンと

叩く音がした。

 

びっくりして振り返ると、

 

友達のB君が興奮しながら

窓を叩いていた。

 

B「A君!開けて!開けて!」

 

(A)が慌てて窓を開けると同時に、

物凄い勢いでB君が話し出す。

 

B「あのさ、ついさっきの

話なんだけど!」

 

「ちょ、ちょっとB君、

その前にさ・・・」

 

B「まあ聞けって。

 

さっき、自転車に

乗ってたんだよ。

 

河原走ってて・・・」

 

「・・・うん」

 

B「しばらく走ってて、

 

何かおかしいな~って思って

自転車降りたらさ・・・」

 

「どうしたの?」

 

B「自転車の鍵のチェーンを

掛けたまんまだったんだよ!」

 

「え?」

 

B「だ~か~ら~、

 

チェーンが掛かってて

タイヤが回らなかったの」

 

「・・・?

 

それでどうやって

走れるの?」

 

B「分かんないよ。

 

その時までは走れたんだよ。

 

でもさ、

その後はダメだった」

 

「ダメって?」

 

B「チェーン掛かってる

って事に気付いたら、

 

走れなくなっちゃった」

 

「そうなんだ・・・」

 

B「無意識だから

出来たのかなぁ・・・。

 

あ、A君、

 

さっき何か言いかけて

なかったっけ?」

 

「え?!・・・あ、

うん・・・あのさ・・・」

 

B「?」

 

「・・・ここ5階なんだけど、

 

B君どうやってそこに

立ってるの?」

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ