昼休みの終わりを待っていたら

 

もうずいぶんと昔。

 

まだ小学生だった頃の話。

 

教室で昼休みの終わりを

待っていたら、

 

いつもは私に冷たい担任の先生が

血相を変えてやって来た。

 

「○○くん、

落ち着いて聞いてね。

 

お母さんが仕事先で倒れたの。

 

すぐに帰る用意をして

職員室へ行きなさい」

 

僕は驚いて、

 

ランドセルに手当たり次第に

物を詰めて職員室に向かった。

 

校長先生がいた。

 

「お父さんは今トイレに行かれているから、

すぐ一緒に病院へ行きなさい」

 

校長先生も落ち着かない様子で、

しきりに腕時計を見ていた。

 

「あの・・・先生・・・」

 

言わないといけない。

 

「うちにお父さんはいないんですけど・・・」

 

母子家庭だった。

 

大騒ぎになった。

 

あの男が誰だったのか、

今でも分からない。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ