教室がパニックになった英語の授業

英語 授業

 

中学の時の英語の先生の体験談。

 

4~5人のグループに分かれて、

英語で寸劇をする授業をしていた。

 

父、母、娘(または息子)

その友人の役にそれぞれがなり、

 

友達を誘って一緒に学校へ行くまでの

朝の情景を演じるという、

 

極々簡単なものだった。

 

劇の内容としては、

 

朝ごはんを食べている娘のところへ

友人が迎えに来て、

 

その家の両親に挨拶をしてから

一緒に学校へ行く、

 

みたいなものだった。

 

他のグループが演じている時は、

当然私語は禁止にしたけれど、

 

母親役の生徒が喋りだそうとすると、

 

必ずと言っていいほど、

誰かが何かを喋っている声がする。

 

ボソボソと声色を変えて喋っている、

みたいなそんな声。

 

最初の1~2回は

先生も我慢していたけれど、

 

さすがに3度目は先生もキレた。

 

「私語禁止だって言ったでしょ!

いい加減にしなさい!」

 

教室中はシーンと静まり返った。

 

「他の人がやっている時は、

ちゃんと真面目に見なきゃいけないよ。

 

じゃ、続きをやって下さい」

 

その一言で劇が再開される事に

なったけれど、

 

その瞬間に教室の放送用スピーカーから、

 

『みぃちゃん、

お母さんいないもん!』

 

という大きな声が聞こえた。

 

教室は瞬時にパニック。

 

もう、授業どころではない。

 

後から確認すると、

 

その放送(声)が聞こえたのは、

そのクラスだけだった。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ