3度繰り返せば・・・いわくつきの詩

 

この詩を3回読み3回想えば、

失明すると言われています。

 

飛び行く鳥よどこへやら

木に住む鳥よどこからか

疑より強しは両目の痛み

強い日差しは彼方の巧みか

隣の猫は鳴き止まず

石転がせれば窪みに堕ちる

河原に果て行く人々消えて

気づけば辺りは暗黒の果て

河原に果て行く人々消えて

強い日差しは彼方の巧みか

3回唱えど彼方の巧みは現れず

暗い果てまで宛てなく進む

病み止む宛ては彼方の巧みか

疑より強しは両目の痛み

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ