神社で聞いた変な唄

子供の時、

神社でどんぐり拾って遊んでいたら、

 

「あかいみあおいみきいろのめ

ついてたたいてもちにすな」

 

とかなんとか、聞いたこともないような

変な唄が聞こえてきたんです。

 

子供の声だったので辺りを見回したら、

スーツ姿のおじさんが

背中を向けて立ってたんです。

 

変だなって思っていると、そのおじさんが、

ぴょんこぴょんこ飛び跳ねて、

藪の中に入って行っちゃったんです。

 

藪に入ってすぐ、おじさんは

顔だけこちらに突き出したんですが、

白い狐のお面を付けていました。

 

でも、目だけやたらとリアルで、

まるで本物みたいでした。

 

そして、またすぐに藪の中に

入って行ってしまいました。

 

怖いというか不思議というか、

今でも記憶に残っています。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。

ピックアップ③

アクセスランキング

このページの先頭へ