しゃがみ込んでいた妊婦に声をかけたら

 

昼食を食べ終えた頃、

 

いい天気なので散歩にでも行こうと思い、

外に出た。

 

歩き出そうとした時、

10メートルほど先に、

 

妊婦がしゃがみ込んでいるのが

目にはいる。

 

すぐに駆けつけ、

 

「大丈夫ですか?」

 

と声をかけるが返事はない。

 

「どうしました?」

 

またも返事はない。

 

さすがにまずいと思い、

 

「救急車を呼びますね」

 

と言い、

携帯を取り出した。

 

その時、

妊婦が口を開いた。

 

「あの・・・すみません・・・。

この近くに交番はありますか?」

 

なぜ交番の場所を聞かれたのか

疑問に思いながらも、

 

近くにある交番の場所を教える。

 

すると、

 

「そうですか、

ありがとうございます」

 

と言いながら立ち上がり、

去り際に、

 

「それではまたどこかで」

 

と言うと、

妊婦は歩いていった。

 

なんだったのだろうか・・・、

と思いながら携帯を開く。

 

画面にはニュースのテロップが

流れていた。

 

その瞬間、

 

あの妊婦の言葉の意味を理解して、

僕はすぐさま家へと逃げ込んだ。

 

今思い出しても背筋が凍りつく。

 

もしあの時に声をかけなければ、

どうなっていたのだろうか。

 

(終)

解説

妊婦を装った『通り魔』である。

 

ターゲットが近くに交番があることを

知っている場合は、

 

しくじった時に駆け込まれる

恐れがあるので犯行をやめる。

 

『それではまたどこかで』

 

という去り際の言葉は、

ニュースを見るだろうという意味。

 

携帯画面のニュースで、

 

『妊婦を装った通り魔事件』

 

というテロップを見て気づく。

 

もし声をかけなければ、

背後から殺られていた・・・。

 

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ