通り魔の因果

1981年6月17日、

東京都深川で、

 

女性4人と幼児2人を

次々と包丁で刺し、

 

さらに女性一人を人質にして

中華料理店に立て篭る、

 

「深川通り魔事件」

 

が発生した。

 

犯人(当時29歳)は篭城から7時間後に、

警官に取り押さえられた。

 

その時の白のブリーフ一丁の姿は、

あまりにも有名である。

 

 

しかし、

 

この事件には驚くべき

事実があった。

 

犯人の祖父はかつて、

深川で刺殺されているのだが、

 

なんと相手は、

 

最初に殺傷した親子連れの

母親の祖父であったのだ。

 

もちろん犯人はその事実を

知る由もない。

 

ただの通りがかりの犯行である。

 

つまり、

因果が世代を越えて、

 

犯人に復讐させる結果と

なったのかも知れない。

 

この事実は一部のマスコミ関係者

だけが知っていたが、

 

被害者の人権保護のために、

闇に葬られた。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。

ピックアップ③

アクセスランキング

このページの先頭へ