心霊現象が起こると聞いたトンネルで

トンネル

 

大学生の時。

 

数年前に潰れた火葬場が、

ちょうど真上にあるというトンネルで、

 

心霊現象が起こると聞いて早速、

友達と三人(男2女1)して車で向かった。

 

しかし、

 

情けないことに三人とも怖がりで、

夜の8時過ぎなんて時間に行ったし、

 

トンネル怪談お決まりの、

 

途中で停車してなんたらってやつも

ビビって出来なかった。

 

結局、通過して終わりという、

その時。

 

トンネル通過と同時に、

フロントガラスにガツッって音と衝撃。

 

同時に、

 

運転していた連れの、

声にならない声。

 

すぐさま車を止めて見回したら、

血だらけの腕が・・・。

 

三人でしばらく途方に暮れて、

 

「これは警察に連絡か?」

 

なんて話をしていた時、

トンネルの向こうから、

 

「すみませんでした!」

 

声と小走りに駆け寄ってくる、

黒い喪服らしき二人組。

 

「本当にすみません。

なんと言って・・・」

 

一人の小柄な男性が、

なにか話を切り出そうとした時、

 

いつのまにやら、

半泣きだった女友達がしっかりと、

 

「大丈夫です。

 

この上、火葬場ですものね。

早く戻してあげてください。

 

こちらは本当に大丈夫ですから」

 

「いや、でも・・・」

 

「本当に大丈夫ですから」

 

女って肝座ってるなぁ、

と妙な感心をしつつ、

 

車に乗り込み発進。

 

二人組は腕を持ちながら、

しばらく立ち去る俺たちの車を見ていた。

 

すると、

 

女友達がいきなり大声で、

狂ったように号泣し始めた。

 

(終)

解説

黒服の男たちはたった今、

人をバラしていたところ。

 

なにかのはずみで、

 

腕だけが斜面を転がり落ちて

三人が乗る車に当たった。

 

「本当にすみません。

なんと言って・・・」

 

一人の小柄な男は、

 

これをきっかけに目撃者の3人を

消そうとしたのだが、

 

女友達はそれに気づいたので、

いち早く現場を離れようとした。

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ