若い男をゲームに誘う一人の老人

お金

 

老人が若い男に言った。

 

「ゲームをしないか?」

 

老人が説明したゲームの内容は、

次の通りだ。

 

箱の中に多額の賞金が入れられており、

 

男が見事に箱を開けられたら、

中の賞金は全て男のもの。

 

箱はとても頑丈であり、

素手で開けるのは不可能だが、

 

周りには斧やノコギリなど、

多数の工具が置かれている。

 

もちろん使用可だ。

 

時間制限なども一切無いらしい。

 

男は是非やらせてくれと答えた。

 

男が金を得るチャンスがあるのに、

リスクは無なさそうだったからだ。

 

参加を表明した男に老人が言う。

 

「実は箱にたどり着くまでには

いくつか難関がある。

 

もし5万円を払えば、

賞金のすぐそばからスタートさせてやろう」

 

男は笑顔で5万円を差し出した。

 

ゲームが開始した。

 

なんと、スタート時から賞金は

男の目の前にあった。が・・・

 

(終)

解説

老人はこう言った。

 

「もし5万円を払えば、

 

『賞金のすぐそばから』

スタートさせてやろう」

 

・・・と。

 

そう、男はスタート時から、

箱の中に居たのだ。

 

なので賞金は目の前にあった。

 

しかし、

箱は素手で開けるのは不可能。

 

箱の中に居るので、

外にあった斧などは使えない。

 

さらに時間制限は無し。

 

つまり、

 

若い男はこれからの一生を

箱の中で過ごすことになる。

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ