家のトイレから出てきた謎の老人

ガラス戸

 

私が7歳くらいの時の話です。

 

家族は父、母、祖父、祖母、私、弟の6人。

 

夜9時、祖父を除く5人でかるたをしていた私たちは、母の「もう寝ようね」の言葉でかるたを片付けようとしていました。

 

祖父は柱にもたれて雑誌を読んでいました。

 

そして何気なく廊下の方を見ると、トイレの電気がついています。

 

その時の私は、誰か消し忘れたのかな?くらいにしか思いませんでした。

スポンサーリンク

見ちゃダメと言うが・・・

部屋と廊下は透きガラス一枚でしきられています。

 

やがて、電気のついたトイレから人が出てきました。

 

「誰かな?おばあちゃんトイレに行ってたんかな?」

 

そう思った私は、ふと隣を見ました。

 

すると、おばあちゃんは私たちと一緒にかるたを片付けています。

 

私はすぐに部屋にいる人数を数えました。

 

私を含めて6人全員が揃っています。

 

私のおかしな様子を見た母は、トイレの方をちらっと見ました。

 

そして「あっ・・・」と小さく呟きました。

 

すぐさま母は、隣にいた弟を抱っこしました。

 

父も廊下の異変に気付き、強張った表情をしています。

 

おばあちゃんの手が、私の手を握りました。

 

その手は冷たくて震えていました。

 

そして小声で私に「見ちゃダメ」と言うのですが、私はなぜか廊下から目が離れません。

 

その時、ガラス越しに白髪の老人が絣(かすり)の浴衣を着て歩いているのが見えました。

 

もしガラス戸を開けて入って来たら・・・と思うと、身体中が心臓になったみたいにバクバクしました。

 

時間的にはあまり長くなかったと思います。

 

ただ私たちにはとても長い時間に感じました。

 

そして、おじいちゃんがガラス戸を開けたと同時に、浴衣姿の老人は煙のように消えました。

 

その後は、おじいちゃんが塩を撒いていた記憶があります。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ