世界一だと自負する物知りな男

織田信長

 

俺は物知りな男だ。

 

特に有名な人名などは、

世界一だと自負している。

 

そして今日は学校で、

 

友達に織田信長という人物を

知っているか聞いてみた。

 

「は?誰?」

 

やはり難しかったかな。

 

先生にも聞いてみた。

 

「ん?誰だね?」

 

学校が終わり、

彼女にも聞いてみた。

 

「いやいや、誰?だし」

 

やはり難しすぎたのか。

 

でも俺の尊敬する両親なら

知っているはずだ。

 

家に帰って聞いてみた。

 

「あの・・・誰ですか?」

 

誰も知らないみたいだ。

 

(終)

スポンサーリンク

解説

織田信長が生まれる前の時代に、

未来を予知して質問している。

 

・・・と思わず答えそうだが、

実はそうではない。

 

最後の両親とのやり取りがヒント。

 

友達も先生も彼女も両親も、

みんなが『誰?』と答えている。

 

これは「織田信長=誰?」ではなく、

語り手の『俺=誰?』である。

 

みんなが俺のことを知らず、

すべては俺の妄想である。

 

もしくは、

俺の存在が忘れられている・・・。

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ