残虐な殺人事件の現場写真

ダイイングメッセージ

 

アメリカで残虐な殺人事件があった。

 

警官たちが通報を受けて

現場となった部屋に行くと、

 

そこには描写するのを躊躇うほどの、

損傷を受けた遺体があった。

 

一人の新人警官が嘔吐感に堪えながら、

 

現場保存のために

遺体や部屋の写真を撮っていると、

 

壁に文字らしきものがあるのを発見した。

 

近づいてよく見てみると、

 

電卓などに表示されるような形で

『7734』と書かれているようだった。

 

その数字は被害者の血で書かれていて、

 

新人警官はその意味を理解できずに

呆然としていた。

 

「おい何やってんだ!

さっさと仕事しろ!」

 

先輩の声に、

 

持っていたデジタルカメラを

落としそうになった彼は、

 

慌ててその数字を写真に撮った。

 

「ちゃんと撮っただろうな。

おまえこの前も変な撮り方したろ」

 

先輩の文句も、

 

悲惨な現場の雰囲気に気押されている

新人警官の耳には、

 

雑音のように聞こえていた・・・

 

自分が撮影したデータを資料化していて、

 

新人警官は自分がまた撮影ミスを

していることに気づいた。

 

「このカメラの形がよくないんだ・・・」

 

と呟きながら、

彼はその画像をよく見るなり息を呑んだ。

 

『7734』

 

あの壁に書かれていた文字の写真。

 

彼は蒼白になって、

そのデータを削除したという。

 

(終)

スポンサーリンク

解説

電卓のような形の数字とは、

つまりデジタル数字のこと。

 

場所はアメリカということで、

言語はもちろん英語だ。

 

壁に書かれていた『7734』を

ひっくり返してみると・・・

 

7734 hELL

 

『hELL』(HELL)

 ↓

『地獄』

 

地獄のような苦しみの中で

被害者が書き残したのか・・・

 

それとも、

加害者からのメッセージなのか・・・

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ