ハナシテ、ハナシテ

電話には出たが、

何故かあいつは息を切らしていて、

 

俺が挨拶しても返事がない。

 

一言だけ「話して、話して」

と言ってきたが、

 

何を話せばよいのやら。

 

よくよく聞けば電話の向こうから、

 

「もっと聞こえるように言ってやれよ、

愛しの彼氏へ」

 

と、友人の笑い声が聞こえてくる。

 

さてはあいつら、

 

俺を差し置いて飲んでるんだな、

きっと。

 

飲み屋の騒音で俺の声が

届いていないんだ。

 

畜生・・・。

 

「話して」って、

電話越しにトークさせるつもりか。

 

乱入してやろうかとも考えたけど、

 

急に電話も切れちまったし、

眠気には逆らえないので止めた。

 

(終)

解説

乱暴されている。

 

電話から聞こえてきた、

「話して、話して」は、

「放して、放して」。

 

息を切らしていたのも、

ヒントになる。

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ