死の予告写真

職場の同僚

A、B、C、D、Eの5人が、

 

熱海の旅館で

小さな忘年会を開いた。

 

その帰りの際、

 

旅館の仲居さんに

シャッターを押してもらって

 

集合写真を撮った。

 

しかし、

 

その集合写真には、

不思議なものが写っていた。

 

Aの頭から薄っすらと

白い手が生えており、

 

指を1本立てている。

 

Bの頭に生えている手は、

指を2本立てている。

 

同じくCは3本、

Dは4本、Eは5本。

 

すると、

 

相次いでA、B、Cが

順番に亡くなった。

 

Dは写真を思い出した。

 

「次は自分だ・・・」

 

しかし、Dより先に

Eが死んだ。

 

自分の順番が飛ばされたことで、

Dは安堵した。

 

心に少し余裕が戻ったDは、

 

忘年会の時に撮った写真を

見直してみた。

 

すると、

問題の写真の右端に、

 

写真を撮ってくれた人とは別の

仲居さんの半身が見切れており、

 

やはり頭から白い手が生えている。

 

しかし、

見切れているせいで、

 

指が何本立っているかが

分からない。

 

Dは旅館に問い合わせたところ、

 

Cの死とEの死の間に、

その仲居さんは亡くなったらしい。

 

Dは自分の番が来たと嘆き、

自殺した。

 

(終)

解説

Dの頭から生えていた手が

数えていた指4本は、

 

片手で数えた場合の「6」だった。

 

つまり、Dが死ぬのは

6番目だった。

 

(片手で数えると、

6は4と同じ表現をする)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。

ピックアップ③

アクセスランキング

このページの先頭へ