最後の1人になるまで

 

最初の1人が退場させられると、

 

円卓を囲んでいた彼の椅子も

すぐさま片付けられ、

 

4人になった僕たちの頭上から、

また放送の声が流れる。

 

「会話を再開して下さい」

 

「・・・いつまでこんなこと

やらせんだよ!?」

 

最年長と見える、

髭面の男が叫んだ。

 

「予定では最後の1人になるまで

続けさせていただくつもりです。

 

では、始め」

 

しばしの沈黙の後、

 

僕の隣にいる

眼鏡を掛けた男が言った。

 

「めちゃくちゃだ」

 

「誰だってそう思ってますよ」

 

僕は頷いた。

 

「世の中、何が起こるか

分からないって言うけど、

 

こんな・・・」

 

若い神経質そうな女が、

爪を噛みながら呟く。

 

「何も俺たちじゃなくたって

いいだろう!?」

 

また、髭面が叫んだ。

 

「うるさいな!

みんなそう思ってんだよ!」

 

眼鏡が怒鳴る。

 

「よ、よして下さい!」

 

女が立ち上がり、

 

必死に取りつくろった笑顔で

場を治めようとした。

 

「いつまでもこんなこと

やってられっかよ!」

 

眼鏡は頭を掻き毟った。

 

髭面が僕の方を睨みつける。

 

「よぉ兄ちゃん、

ずいぶん静かじゃねえか」

 

眼鏡も冷ややかな視線を

僕に向けてくる。

 

「彼は・・・

 

なるべく余計なことを

言わないようにして、

 

私たちが脱落するのを

待っているんです」

 

釈明しようとしたが、

 

何を言っても火に油を

注ぐだけの気がした。

 

「・・・すいません」

 

気づいたのは、

頭を下げた後だった。

 

血の気が引いていくのが

分かった。

 

最初の時と同じブザーが

部屋に鳴り響く。

 

「い、いや!今のは・・・」

 

僕はスピーカーに向かって

叫んだ。

 

引きずられながら

僕が最後に見たのは、

 

他の3人の同情と、

 

安堵の入り混じった

笑みだった。

 

最初の男を見送った時、

 

僕もあんな顔をしていたのかな、

と思った。

 

「はい、会話を再開して下さい」

 

(終)

解説

会話の内容が全て、

しりとりになっている。

 

予定では最後の1人になるまで

続けるとのことなので、

 

これからさらに2人脱落するまで

続けられるのだろう。

 

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ