背の小さい腰の曲がったばあちゃん

 

俺が去年、

 

某洋楽バンドのライブに

行った時の帰りの話。

 

俺と友だち二人(仮にA・Bとする)

の計三人で行って、

 

ライブ終了後、

テンション最高潮で帰ってたんだ。

 

そしたら、

 

Aが後ろから誰かに

肩を叩かれたんだ。

 

振り返ると、

 

80才くらいの背の小さい腰の曲がった

ばあちゃんが立ってたんだ。

 

何かな、

道に迷ったりでもしたのかな?

 

とか色々思いを巡らしていたら、

そのばあちゃんはこう言った。

 

「私、死にそうに見えます?」

 

って。

 

一瞬、「は?」

ってなったのだが、

 

なんか、ばあちゃんの目が

虚ろですごく怖くなって、

 

返事もしないで

その場を去ったんだ。

 

しばらく歩いてから、

みんなで

 

「こわっ、何あれ(笑)

 

B「お化けかと思ったぜ(笑)

 

A「俺、肩叩かれた時、

逆ナンかと思ったぜ(笑)

 

俺・B「ねぇよ(笑)

 

とか半ば笑い話のように

話をしてたんだ。

 

だけど、話してる途中で

気づいちゃったんだよ・・・。

 

(終)

解説

「小さい腰の曲がったばあちゃん」が、

なぜ若者の肩を叩けたのだろうか・・・

 

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ