1980年に見つけた一冊のノート

 

1980年のある日、

 

撤去予定された家屋の中を

作業員が整理していると、

 

子供が書いた筆跡のある

一冊のノートを見つけた。

 

そこに書いてあった内容は

未来の予言のようなもので、

 

「平成10年 富士山噴火」

「平成20年 日本沈没」

「平成30年 地球滅亡」

「etc.」

 

(終)

解説

このノートが当時の子供による

予言の書だとすると、

 

平成の元号が書かれていることに

まず驚かされる。(平成元年=1989年)

 

が、それ以上に、

 

平成30年に地球が滅亡

しているはずなのに、

 

最後の「etc.」とは

どういうことなのか・・・。

 

地球が滅亡した後に、

何かが視えていたのだろうか。

 

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ