遊具から落ちてしまった子

 

友達が小学生の時、

学校に大きな遊具があったらしい。

 

(すべり台やウンテイやらが合体した、

アスレチックみたいな遊具)

 

長放課になると、

 

その遊具で遊ぶ生徒が

多かったそうだ。

 

ある日、

その遊具で怪我人が出た。

 

遊具から落ちて「足が痛い」

と言っていたらしい。

 

落ちてしまった子は

両手で遊具の柱を掴み、

 

身体を支えながら

片足で立ち上がったけど、

 

歩けないようだったから、

 

何人かの生徒で保健室に

連れていった。

 

そしたらその時、

保健室には先生が居なくて、

 

しばらく一緒に遊んでいたみんなで

付き添っていたらしい。

 

20分ほどして、

 

ようやく戻ってきた保健の先生が

病院に連れていくと、

 

怪我をした子は両手両足を

複雑骨折していて、

 

しばらくしてから障害者施設に

移っていったそうだ。

 

話し終わってから友達は意味ありげに

笑っていたのだが、

 

聞いた時は何が怖いのか

よく分からなかった。

 

でも分かってから、

何か怖くなったよ。

 

(終)

解説

最初は「片足で立ち上がって」いた

はずの落ちてしまった子が、

 

先生が来た時には、

両手両足を「複雑骨折」していた・・・。

 

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ