姉のアトリエ部屋に泊まった深夜に

 

10年ほど前の話。

 

美術の教師をしていた姉が、

アトリエ用に2DKのボロアパートを借りた。

 

その部屋で暮らしているわけではなく、

絵を描くためだけに借りたアパート。

 

せっかく借りているのに

住まないなんてもったいない!

 

そう思った私は姉に頼み込んで、

 

その部屋で一人暮らしを

させてもらうことにした。

 

一人暮らし初日。

 

わくわくしながらアトリエに帰宅。

 

くれぐれも戸締りに気をつけるようにと

言われていた為、

 

帰ってすぐに玄関に、

鍵とチェーンをかけた。

 

その後、

 

夕飯を作ったり本を読んだりして、

楽しく一人の時間は過ぎていく。

 

気付くともう夜も更けていた為、

もう一度、戸締りをチェック。

 

ガスの元栓も締め、

眠りについた。

 

しばらくして、

多分夜中の2~3時だったと思う。

 

玄関がガチャっと開いた。

 

どうやら姉が絵を描きに来たらしい。

 

こんな時間に頑張るなあと、

ウトウトしながら思っていると、

 

私が寝ている隣の部屋に

入っていった。

 

隣の部屋は画材やらキャンバスやらが

置いてある部屋。

 

そこで、姉はブツブツ言ったり

クスクス笑ったりしている。

 

うーん、

 

やっぱり芸術家と怪しい人って

紙一重だよなぁと、

 

そんな酷い事を思いながら

いつの間にか寝てしまった。

 

朝、目が覚めると、

 

姉はもう帰ったようで

居なかった。

 

姉の絵に対する情熱は、

尊敬に値するよなぁと思いつつ、

 

出掛ける準備をして家を出る。

 

玄関の鍵を閉めた時に、

突然恐怖に襲われた。

 

それ以来、

 

私がそのアトリエに

足を踏み入れることはなかった。

 

(終)

解説

実は昨日の夜、

 

チェーンが切られて何者かに

姉の部屋に入られていた。

 

姉ではない誰かが・・・。

 

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ