深夜に聞こえる様々な音

アパート

 

先日、ほんのり怖かったことがあった。

 

俺はこの春から一人暮らしを始めた大学生だ。

 

小うるさい親から解放された嬉しさも手伝って、毎日のように夜更かしをしていた。

 

それこそ、起きていたら朝になっていた、みたいなこともよくあった。

 

だから、深夜に聞こえる『様々な音』を俺はよく知っていた。

スポンサーリンク

音に反応して俺は叫んでしまった結果・・・

23時ぐらいになると、隣の部屋から喘ぎ声が聞こえる。

 

0時を越えると、上の階の住人が帰って来て、妙に重たい足音が響く。

 

1時になると、暴走族のバイクの音が聞こえ始める。

 

2時頃になると、どこかの部屋からアニメの音が漏れてくる。

 

そして3時きっかりになると、「タンタン」という俺の部屋の玄関のドアをノックする音が響く。

 

週に1~2回、決まって深夜3時きっかりに叩かれる俺んちのドア。

 

これがもし「ドン!ドン!」だったら何かあったのかと思うが、聞こえる音は手の平で叩いたような「タンタン」と軽い音だ。

 

昼間だったら絶対に気が付きそうにない、伝える意思がない音。

 

それが深夜に一回鳴ったくらいでは、玄関に出て行く気すら起きなかった。

 

しかし一週間ほど前に、俺はその「タンタン」という音に返事をしてしまった。

 

バイト先で嫌な客が来て、いちゃもんをつけてきたもんだから俺はかなりムシャクシャしていた。

 

普段は気にならないことも腹立たしくなっていて、深夜に聞こえる音が全部煩わしかった。

 

いちゃつくな、くそカップル!

 

ドタドタ歩き回るな、デブ!

 

暴走族はチャリに乗れ!

 

オタクはヘッドホン付けてアニメを見ろ!

 

俺はムカムカしながらコンビニ弁当をかきこみ、パックの麦茶で流し込んでいた。

 

その時、あの音が聞こえた。

 

「タンタン」という、手の平でドアを叩くような音。

 

そんな微かな音すら鬱陶しくて、つい俺は大きな声で玄関に向かって叫んでしまった。

 

「うっせえんだよ、ゴミクズ!!時間を考えろ!!」

 

その瞬間、「タンタン」は「バン!バン!バン!バン!バン!!!バン!バン!バン!バン!バン!!!」という激しい音に変わった。

 

その後は黙って無視しているとそれ以上のことはなかったのだが、本当に背筋がブルッとした。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ