今日は12日

山登りにハマり始めた10代後半の頃の話。

 

家の裏山でボッカ訓練をしようと思って、

20kgの荷物を背負って、ヒーコラ言いながら歩いてたんだ。

 

よくその山でトレーニングしてたんだけど、

人とすれ違うことって、ほとんどなかった。

 

でも、その日は、やたら人とすれ違う。

 

すれ違うたびに、「こんにちは~」って挨拶するんだけど、

誰一人として挨拶を返しえてくれない。

 

俺、コミュニケーション苦手だから、

人の顔見て話ができないのね。

 

でも、あまりに無視され続けるから、ちょっと頭にきて、

次すれ違う人には絶対、顔を見て挨拶しようと決意したの。

 

しばらく歩いていると、おっさんが山頂付近から降りてきて、

俺は意を決して、顔をじっと見て挨拶しようとした。

 

いや、もう一生忘れられん。

青黒い顔のおっさん、両方の眼球がない。

 

顔はこっちを向いてるんだけど、

顔の真ん中に2つ大きな穴がぽっかり開いてるんだ。

 

うっすら口も開けてる。

 

完全にパニックになっちゃって、

訳わからん叫び声あげながら荷物を投げ捨てて下山。

必死に家まで逃げ帰ってきたんだ。

 

ガタガタの体で家まで帰ってきたら、ちょうど庭仕事をしていた

うちのじいちゃんに、事の一部始終を話した。

 

そしたら、いきなりぶん殴られて、

「アホか!今日は12日だが!!」

 

意味わからないまま近所の寺に連れて行かれて、塩を食わされて、

変なお経を唱えさせられて、3日ほど寺の小さなお堂に監禁させられた。

 

後で親父に聞いたんだけど、12日は神様が木の本数を数える日だから、

人間は山に入っちゃいけない日らしい。

 

人間と木を数え間違えるから、

人を見かけると神様がキレルんだって。

 

山の神様は、人を平気で殺すらしい。

 

そんな山も、今は造成されて住宅地になってる。

他人事ながら、あんな所に住んでいる人たちが心配で仕方ない。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。

ピックアップ③

アクセスランキング

このページの先頭へ