小学校に上がる前の小さな男の子の話

クレヨン

 

これは、小学校に上がる前の小さな男の子の話です。

 

その子が通っていた幼稚園で乗り物をテーマに絵を描くことがあり、子供達はそれぞれ船や飛行機、車などの絵を描きました。

 

小さい子供の描く絵は、真横からなどの単純なアングルの絵が多いものですが、その男の子の描いた絵は”青いトラックを斜め下から描いた、ちょっと不思議な絵だったそうです。

 

また、小学校に入学するということで学習机を買ってあげるということになり、お店で好きな机を選ばせようとしましたが、「僕には机は要らないんだ」と少し寂しそうに言って選ぼうとせず、変なことを言う子だと家族も不思議がったそうです。

 

やがて小学校の入学が近づき、通学の練習ということで、おじいちゃんに連れられて小学校までの道を散歩することが度々ありました。

 

その時にランドセルを背負わせようとしましたが、なぜかランドセルを背中ではなく胸の方に抱えました。

 

おじいちゃんが何度も背中に背負うように教えても、「僕はこれでいいんだ」と言って直そうとしなかったそうです。

 

そうして小学校の入学を目前に控えたある日、その男の子はトラックにはねられて亡くなりました。(トラックの色が青かどうかは不明です)

 

棺に入れられたその子の胸の上には、家族によってランドセルが置かれていたそうです。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2020年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ