山村に嫁いできた若い女子を食らう山姥

山姥

 

これは、私の知り合いに伝え聞いた『山姥(やまんば)のお話。

 

昔の山村といえば、本当に交通網が発達していなかった。

 

隣町へ行くにも、歩いて峠を何回も越えなければならない事も当たり前だった。

 

そんな山村の付近の山に住んでいたという山姥。

 

この山姥が標的にしていたのは、主に外部から嫁いできたお嫁さんだった。

 

山姥のテリトリーの山に入ると、お嫁さんが忽然と消えてしまうことが度々あった。

 

そして消えてからしばらくすると、山村に着物の一部と骨の一部だけが届いているという事も。

 

山村の民の間では、『若い女子を食らう山姥』ということで恐れられていた。

 

・・・というのは上辺の話で、この山姥の本当の姿は、「嫁ぎ先で酷い目に遭い、それでも手段が無いせいで逃げられない、というお嫁さんをこっそりと逃がしていた」だそうな。

 

この話を私にしてくれた人の知り合いが、実際に逃がしてもらったとかそうじゃないとか。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2020年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ