拝み屋家系の神社からの神降ろし

神社

 

うちの母方の家系は、いわゆる『拝み屋』

 

元は神社だったのだが、人に譲ってからは拝み屋をやっていた。

 

だが、拝み屋といっても儲からない。

 

お金を取ってはいけないから、兼業の拝み屋だ。

 

それでも、ひいじいちゃん、ばあちゃん、そして叔父さんと拝み屋を続けている。

スポンサーリンク

神子の存在

母は三兄弟の真ん中で、三人の中ではあまり力がなかったらしい。

 

ほとんど見えないし、祓うことも出来ない。

 

一番その力が強かったのが長女の伯母さん。

 

いるだけで全てのモノを食べてしまう、らしい。

 

しかし、跡取りを決める時に伯母さんが「私は長く持たないからね」と辞退し、叔父さんが継いだ。

 

その伯母さんも上京して結婚し、子供を産んだ。

 

一人目の出産の時は何ともなかったが、二人目を産んでからは力がさっぱり無くなった。

 

というのも、伯母さん曰く、二人目の子が家系の中で一番力が強くなった。

 

なんでも伯母さんの力が強かったのは、二人目が生まれるまでに死なれたら困るからのようで、産んだ今は用無しらしく、全く力が無くなったそうな。

 

そして、この二人目が不思議な子だった。

 

障害があって年より精神が幼く、かろうじて意思疎通は出来るという感じ。

 

そんな子だが、例えば山の中を歩いていると、木や草が避けるのだ。

 

本当にその子の前だけに道が出来る。

 

後ろを歩いてると、その反動で木の枝がこちらの顔に当たるぐらいに。

 

それに鳥や獣も、野生だろうがペットだろうが関係なく懐く。

 

野生の雀が人間の肩に止まるなんて初めて見た。

 

一番驚いたのが、「お腹空いたね」とその子に言うと、「じゃあ、お願いするね」と柿の木に頼んでいた。

 

そうしたら柿の実が二個、ぽとんぽとんと落ちて来たこと。

 

風もなく、揺れてもなく、動物もいなかった。

 

怖い思いどころか助けてもらうことが多いので、怖くはないが凄く不思議だ。

 

もしかすると、その子は『神子』というものだろうか。

 

神社を人に譲る時に家系に神様を降ろしたので、今はその子に憑いているのかもしれない。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2020年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
アクセスランキング

このページの先頭へ