ただの鍛冶屋にしては妙に羽振りがいい隣家

ろくろ首

 

これは、大正生まれの祖母から聞いた話。

 

昔は不思議な事がよくあった、という。

 

祖母が子供の頃、実家の隣家はただの鍛冶屋にしては妙に羽振りがよく、何かと因業な性格の一家だったので『悪い事をして儲けている』と噂があったらしい。

 

※因業(いんごう)

頑固で物わかりの悪いさま。また、人に対する仕打ちが情け容赦もなくひどいさま。 

 

田舎特有の妬みもあったのだろうが・・・。

 

その家には祖母より4歳年長の末娘がおり、よく遊んでもらっていたそうだが、ある時から全く姿を見せなくなった。

 

色の白い綺麗な子だったので、女郎に売ったとか色々と噂になったが、本当のことは分からなかった。

 

ある日、祖母が隣家との境で遊んでいると、鍛冶場の2階の窓から隣家の末娘が覗いていた。

 

あ、なんだやっぱり家に居たんだ、と声をかけた。

 

すると娘は顔を突き出したのだが、なんだか変だった。

 

首が不自然に細く長い。

 

窓の狭い隙間からひゅるっと首を伸ばして、目をきょろきょろさせている。

 

嫌な感じがした祖母は、慌てて家に入った。

 

後で分かったが、末娘は親戚に預けられていたそうだが、預けられた次の日に首を括って死んだという。

 

心の病気だったらしい。

 

その一家は今でも隣に住んでいるが、先日母が電話をした時、おじさん(娘の甥)が入院中とのことだった。

 

見舞いに行ったところ、「帰り際に病院の窓から首を突き出し、目をきょろきょろさせてこちらを見ていて気味が悪かった」と言っていた。

 

なんだかよく分からないが、ゾッとした。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2020年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ