山と川で100年ずつ修行すると龍になれるヘビ

蛇

 

これは、今生きていたら90歳になる婆様から昔に聞いた話。

 

今から150年ほど前の東北の田舎でのこと。

 

当時の地元の山は、山菜を採りに行くにもあまりに『ヘビ』が多すぎて、誰もが入山できなかったそうな。

 

そこで、村の衆は相談して神社へお願いに行った。

スポンサーリンク

人間に見られると龍になれない

それから何日かして大雨が降った。

 

その後、近所の爺さんが雨が止んだ頃に入山してみたら、大雨の影響で鉄砲水に遭ってしまった。

 

鉄砲水(てっぽうみず)|参考

山地や中山間地の小流域などで発生する急激な出水や増水。(Wikipediaより引用)

 

爺さんはそのまま川に流され、流木に流され、海まで流された。

 

その時、一緒に大量のヘビも流されていた。

 

よく見ると、大小様々なヘビが流されている。

 

また、近くを一番大きなヘビが流されていた。

 

そのヘビは他のヘビとは違っていた。

 

体長は人間の大人を縦に10人くらい並べた程あり、口からはヒゲを生やし、頭からは短いが角らしきものが生えていた。

 

さらにヘビの頭の上には、仙人のような者が立っている。

 

すると、その仙人が話かけてきたそうな。

 

「ワシはこのヘビじゃ。ワシを見たことは誰にも言ってはならん」

 

爺さんは「何故ですか?」と聞いた。

 

仙人は、「ヘビは山で100年、川で100年の修行をすると龍になる。その間、人間に見られると龍になれない。だから話すな。話したら殺すぞ」と。

 

爺さんは「話しません」と約束した。

 

しかし、命拾いした爺さんは村に帰り着くや、かなり興奮した様子でベラベラ話したそうな。

 

それから少し経った頃、爺さんは“突然死”した。

 

あの仙人を見てから、ちょうど49日目だった。

 

また、死ぬ前は何かに酷く怯えていたという。

 

ちなみにその爺さんは、この家の先祖の爺さんだということを婆様から教えてもらった。

 

そんな不思議な出来事にも、私は「へぇ~実話なんだ~」と思うくらいだった。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ