日当3万円「ため池の埋め立て作業」にて

卒塔婆

 

これは数年前の学生時代に、バイトで廃材運搬の助手をしていた時の話。

 

日当1万円だったこともあり、声がかかれば授業をサボってでも行っていたのだが、その日は「県外だけど3万出すよ」とのことで、即答で了承した。

 

ため池を整地にするとかで、そこで出た残土を別の山にポイする仕事内容だったが、重機の免許も無い俺の仕事は交通整理だと言われ、「これで3万円はラッキー」という感じだった。

スポンサーリンク

全くもって不思議な仕事だった

現場に着くと、埋め立て業者と施主か地主だかが揉めていて、まだ水を抜いていない有様。

 

なにより、重機が入る道すら出来ていなくて、うちらのダンプもギリギリ入れるかどうかだった為、離れた駐車場で待機することになった。

 

結局、「金は出すから明日来てくれ」とのことで、その日はそのまま帰ることに。

 

次の日、会社に行ってみると、「2t車でいいとのことだから君一人でいいか?」と聞かれた。

 

また、残土ではなく、ちょっとした物を運んで欲しいとのこと。

 

全ては現場で指示されるらしい。

 

ただ、2日で6万円も貰えることはそうないので、何も考えずに了承し、昨日の現場へと向かった。

 

現場に着くと何故か神主がいて、「祭りか?」と思える感じのお祓いのようなことをしていた。

 

半日が過ぎ、ようやくお呼びがかかってトラックを持って行くと、古い神輿みたいな物と、お墓にある細長い木の板(卒塔婆)が大量にあった。

 

その後、荷を載せたトラックと俺自身も神主にお祓いされ、助手席に神主を乗せてとある神社へと運んだ。

 

神社で荷を降ろすと、さっさと帰れと言わんばかりに追い出され、俺はそのまま帰宅の途へついた。

 

道中、「全くもって不思議な仕事だったなあ」と思いながら高速に乗り、気がつくと病院のベッドの上で身体を固定されていた

 

聞けば、どうやら事故をしたらしいのだが、その記憶は全く無い。

 

そして今、そのバイト先の会社も無くなってしまっている。

 

(終 / ※以下、類似する別の話に続く~)

類似する別の話

これは3年前、山に囲まれた大きめの沼の埋め立てを請け負った時の話。

 

そこは人工沼で、辺りも人工湿地帯だった。

 

まずは水抜きをしないと重機が入らないということで、バイパスを作って水を抜いた。

 

すると、沼の中央に祠があったのも気持ちが悪かったのだが、水抜きが終わる頃に、よくお墓にある戒名などが書いてある木の板(卒塔婆)が底から多数立っていた。

 

唖然としていたら、いつの間にか神主が大勢おり、お祓いのようなことを始めた。

 

何も聞いていなかったし、工事を始められないから揉めたのだが、「とりあえず今日は帰ってくれ」の一点張り。

 

仕方なく撤収したが、工事が再開されたのは3日後だった。

 

埋め立てはすんなり終わったが、その後に神社へ連れて行かれ、全員がお祓いを受けた。

 

帰りには御札と御守りを渡された上に、「何かあったらすぐに知らせて欲しい」とまで言う。

 

殺伐とした雰囲気になったが、周囲は年寄り達が囲んでずっと睨んでいる。

 

結局、現場監督が「俺が話つけるから」ということでみんな帰って行ったのだが、その現場監督はそれから音信不通となっている

 

何が起きていたのか分からないだけに、未だに怖くて仕方がない。

 

※参考

調べたところ、栃木県の温泉地「鷲宿」、もしくは「喜連川宿」かと思われます。また、鷲宿の溜め池は「かっちゃんぼっち」と呼ばれているそうです。(管理人より)

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2021年4月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

【特集】過去の年間ランキング

(2019年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2019年・怖い話ランキング20
(2018年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
アクセスランキング

このページの先頭へ