心霊スポットの空き家へ行った翌日に

家

 

これは、たった今、俺の身に起こった話だ。

 

俺は昨日、友達の家へ泊まりに行っていた。

 

男ばかり5人でむさ苦しく、真冬のホラー鑑賞会をやっていた。

 

そして、この友達の家から車で30分くらいの所には心霊スポットがある。

 

地元だとそこそこ有名な場所だ。

 

何が出るのかは、とりあえず『何か得体の知れないモノがいる』とだけ。

 

ホラー鑑賞会の後、みんなでソコへ行ってみた。

スポンサーリンク

塩かけ姉ちゃん

所詮、尾ヒレ背ヒレが付いただけの、どこにでもあるような古い空き家だった。

 

もちろん何も出なかったし、ただ薄気味悪いだけだった。

 

その後に帰宅したのだが、珍しく平日休みになった姉ちゃんがいた。

 

そして「ただいま」と言う前に、いきなり俺は殴られた。

 

何でだ!?

 

姉ちゃんは、「お前、昨日どこ行った?変なとこ行っただろ!何くっ付けて来てんだよ!」と怒鳴る。

 

確かに、心霊スポットと言われている空き家には行ったが、何も無かったし、眉唾だし、所詮ただの噂だし・・・。

 

そんな言い訳をしていたら、姉ちゃんは台所から粗塩を持って来て、容赦なく俺にぶっかけてきた。

 

砂かけババアならぬ、塩かけ姉ちゃんだ。

 

さらに、神棚の線香立ての灰を溶かした日本酒を飲まされて、酒に浸した榊でぶっ叩かれ、パンツ一丁にされた挙句、庭に追い出されて酒をぶっかけられた。

 

※榊(サカキ)

 木に神と書いて「榊」と言われるほど、神道において神と深い関わりのある神聖な植物。

 

今、真冬だ。

 

俺の家は、やや東北にある。

 

そう、クソ寒いのだ。

 

それなのに、冷たい日本酒を遠慮なくぶっかけてくる。

 

死ぬかと思った。

 

一通りの除霊が終わったのか、姉ちゃんは「これで落ちてなきゃ明日に神社でも寺でも行って来い。うぜぇ」と呆れ果てる。

 

俺には全く自覚はないのだが、姉ちゃんには一体何が見えたんだろうか。

 

一体、俺は何を背負っているんだ?

 

もしこれが姉ちゃんのいつもの悪ふざけだったら全力で怒るが・・・。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年7月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ