助けに来た人を襲って喰らう鬼

山道

 

これは、知り合いの話。

 

彼のお爺さんが連れの山本さん(仮名)と一緒に、山で猟をしていた時のことだ。

 

いきなり遠くから「助けて!」と、甲高い女性の悲鳴が聞こえた。

 

慌てて答えようとするお爺さんを制した山本さんは、ひどく緊張した顔をした。

 

そして強引にお爺さんを連れて、すぐさま走って山を下り始めたそうだ。

 

だが背後からは引き続き、「助けて!」という声が繰り返し聞こえてきた。

スポンサーリンク

人を襲って喰らう鬼

助けを求める人を見捨てるのか?と、お爺さんはしばらく葛藤したと言うが、山を下るうちに奇妙なことに気がついた。

 

助けてという叫びが、だんだん大きくはっきりと聞こえるようになっていたのだ。

 

自分たちが走る以上の速さで、叫び声の主は自分たちに近づいて来ている。

 

二人は必死に足元の悪い山道を走った。

 

そして、唐突に開けた場所に出た。

 

誰が安置したのか、そこにはお地蔵様が何個も並ぶ小さな祠があった。

 

どうやら山本さんは、最初からここを目指して走っていたらしい。

 

彼らが足を止め一息入れた途端、背後の茂みから奇妙に間延びした声が聞こえた。

 

「たぁぁすぅぅけぇぇてぇぇぇぇ・・・」

 

思わず銃を握り締める二人の耳は、何かが遠ざかっていく音をとらえていた。

 

それ以降、助けてという叫びは聞こえなくなった。

 

山本さんがぽつりと言う。

 

「あれは鬼だ。この山に伝わる昔話で、助けに来た人を襲って喰らう鬼の話があった。声が聞こえた途端、これが熱くなったんで危ないとわかったんだ」

 

そう言って山本さんが出したお守りは、微かに焦げて燻っていたという。

 

二人は無事に山を下りられるように、その祠に祈った。

 

言い伝えによるとその祠は、その山の鬼を鎮めるために建てられたのだという。

 

そのおかげか、それ以上の怪事には遭わず下山することができた。

 

その後、二人ともしばらくは、その山に近寄らなかったという。

 

彼の息子(知り合いのお父さん)が町に出て定職に就くと言った時、まったく反対しなかったのも、この経験の為だったらしい。

 

「あんなモノに捕まったら洒落にならないからな」

 

そう言って、お爺さんは煙草をふかしたのだそうだ。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2021年4月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

【特集】過去の年間ランキング

(2019年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2019年・怖い話ランキング20
(2018年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
アクセスランキング

このページの先頭へ