巻狩中に聞こえてきた似合わぬ音

ハンター

 

これは、『狸囃子』のような体験をした話です。

 

狸囃子(たぬきばやし)

日本全国に伝わる音の怪異。深夜になるとどこからともなく、笛や太鼓などの囃子の音が聞こえてくるというもの。(Wikipediaより引用)

 

私はへたれハンター(狩猟家)です。

 

3年前の冬、山梨県の某所で巻狩をしておりました。

 

巻狩(まきがり)

鹿や猪などが生息する狩場を多人数で四方から取り囲み、囲いを縮めながら獲物を追いつめて射止める大規模な狩猟である。(Wikipediaより引用)

 

私はライフルチームとして、じっとして動かず猪が追い出されるのを待っていました。

 

無線のイヤホンを耳に嵌め、寒さを忘れようと風音や鳥の鳴き声を聞くこと1時間と少し・・・。

 

突然、山中には似合わない音が聞こえました。

スポンサーリンク

化かされた?

それは、さながら運動会の実況中継。

 

曲名は忘れましたが、某カステラメーカーの「カステラ1番、電話は2番、3時のオヤツは文○堂~♪」の軽快なメロディに乗って、実況中継と歓声まで聞こえました。

 

私は混乱して少し聞き入っていましたが、慌ててシカリ(責任者)に無線を飛ばしました。

 

「山頂方向から人の声が聞こえまーす!」

 

シカリ「はぁー?何だってぇ?おーい!皆聞いたな。止まれ止まれー!」

 

仲間「遠藤(私の仮名)の横にいるけど何も聞こえませーん」

 

仲間「私もでーす。どうしたんですかぁー?」

 

シカリ「ともかく銃から弾を抜け!遠藤、音を探れ!行けー!」

 

私は正直イヤだったのですが、シカリの言うことに逆らえないのが猟の掟。

 

渋々ながら登って行きました。

 

ですが、どんなにゼェゼェ言いながら登って行っても、音が近くにならないのです。

 

そのうち、仲間から私が視認できるとの無線報告が。

 

シカリ「どうだー?」

 

「何もいませーん!(ゼェゼェ)。音も近くなりませーん!」

 

シカリ「でも聞こえるんかー?」

 

「はーい、そうですー」

 

シカリ「おめー、そりゃあームジナだろー!テッポを派手に鳴らせー!」

 

私は何のこっちゃ?と思いながら、弾倉を入れて手近な木の根元に向けてドンドンドンドンドンッ!と5連射しました。

 

そして銃声による耳鳴りが消えた時、件の音が聞こえなくなっていました。

 

報告を入れるとシカリが一言、「遠藤が騙されたからこの山やめるぞー!皆降りて来ーい!」との指示。

 

結局、一番疲れたのは私でした。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ