ヤカンさんの屋敷に入ってしまったせいで

ジャッカル

 

これは、仕事仲間の奇妙な体験話。

 

業務で山奥に入っていると、『大きな邸宅』に出くわした。

 

今風のデザインが、場所も相まってひどく違和感を感じさせたという。

 

門を開けて中を覗いたが、誰も居る気配がない。

 

インターホンを押しても反応がなく、かと言って押し入るのも躊躇われ、塀伝いにぐるり一周してみると、綺麗に手入れされた日本庭園があったらしい。

 

庭池の立派な錦鯉に感心していると、不意に誰かの視線を感じた。

 

辺りを窺っても自分の他には誰もおらず、気味が悪くなったので退散することにした。

 

次の日の朝、自宅で目を覚ました彼は、右腕に痛みを覚えた。

 

見れば手首から肘にかけて、皮が広く剥けて失くなっている。

 

滲んだ血が布団を汚していた。

 

居間に降りて手当てをしていると、事情を聞いた父がこう言った。

 

「ははぁお前、どうやらヤカン(野干)さんの屋敷に入ってしまったな。ヤカンさんていうのは狐の眷属(けんぞく)で、人の皮が大好物なんだと。

 

お前が無断侵入したものだから、その代償で腕の皮を取られたんだろう。それだけで済んで良かったな。聞いた話じゃヤカンさんって、稲荷さんよりかなり荒っぽいらしいから」

 

野干(やかん)

漢訳仏典に登場する野獣。中国では狐に似た正体不明の獣とされるが、日本では狐の異名として用いられることが多い…(Wikipediaより)

 

※眷属(けんぞく)

親しく従う者、妻子や従僕をいう。

 

無断進入したつもりはないんだけどな・・・。

 

包帯を巻きながら、釈然としない思いに囚われたという。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ