草むしり中に背後から肩をトントンと叩かれ・・・

山道

 

これは、爺様から聞いた奇妙な体験話。

 

ある日、山で草むしりをしている時に、背後から肩をトントンと叩かれた。

 

そして、「主様が通りますので、ちょっと失礼」と、何者かに話しかけられたそうな。

 

途端、草むしりのために屈んだ姿勢のまま、体が動かなくなった。

 

金縛りにあったかのように。

 

瞬きも出来ないまま暫く待っていると、爺様の背後を『何か巨大なモノ』がその身をズルズルと引きずりながら通り過ぎていった。

 

その間、爺様は恐ろしくて生きた心地がしなかったそうな。

 

しかし、ズルズルという音が聞こえなくなった時、再び何者かに「ご迷惑をおかけしました」と耳元で囁かれた。

 

その瞬間、爺様は盛大に小便を漏らし、気絶したという。

 

気がつくと、時間はさほど経っておらず、日もまだ十分に高かった。

 

だが、夕暮れまで仕事をする気になれなかった爺様は、荷物をまとめて早々に家路に着いた。

 

途中、今まで草むしりをしていた山肌を振り返ってみたが 、巨大な何かが通ったような痕跡は見つけることができなかったという。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ