森の奥でぶらぶらと揺れていた黒い影

森林

 

これは、知り合いの体験話。

 

彼は子供の頃、実家の裏山で「不気味なものを見た」という。

 

風呂の焚き付けにする木っ端を拾い集めている時のこと。

 

普段足を踏み入れない森の奥に、何かぶらぶらと揺れる黒い影が見えた。

 

彼のランドセルくらいの大きさだ。

 

何だろう?と、側に近寄ってみた。

 

奇妙なものが木にぶら下げられている。

 

それは、腹を掻っ捌かれ、臓物を抜かれた『小動物の死骸』だった。

 

頭は落とされている。

 

見たところ、狸のようだ。

 

慌てて一緒に薪集めをしていたお祖父さんを呼びに行ったが、引き返して来ると既に死骸は消え失せていた。

 

話を聞いたお祖父さんは渋い顔。

 

聞けば、“猿神の仕業”なのだという。

 

滅多に出ないのだが、件のように捌かれた死骸を見つけると、里ではしばらく山に入るのを止めるのだと。

 

それを聞いて思わず、「人間も捌かれたことがあるの?」と尋ねてしまう。

 

お祖父さんの答えは、「さぁて、それは聞いたことがないな」ということだったが。

 

以降、彼はしばらく一人で山に入れなかったそうだ。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ