海岸からの危険な誘い

その頃、私は海岸近くの住宅工事を

請け負ってました。

 

季節は7月初旬で、

昼休みには海岸で弁当を食うのが

日課でした。

 

初めは一人で食べに行ってましたが、

 

途中からは、仲良くなった同年代の

下請け職人も誘って、

 

一緒に食べに行くようになりました。

 

いつものように海岸に行くと、

普段は人気の無い海岸ですが、

 

その日は10~12歳位の子供が4人程、

波打ち際で遊んでました。

 

ちなみに、ここの海は遊泳禁止と

なってはいましたが、

 

私も子供の頃は、ここで仲間と

泳いだりした事もあったので、

 

特に気にもしませんでした。

 

その日も海岸で弁当を食おうかと

思っていたらA君が、

 

A「今日は日差しが強くて暑いから、

現場内の日陰で食おうぜ」

 

と言ってきたので、

 

まぁ確かにその日は特に

陽射しが強くて、

 

外で食うには暑すぎると思って、

その場を去りました。

 

現場内の日陰で弁当を食べていると、

何やら外が騒がしい。

 

パトカーやヘリが飛んでる音も聞こえる。

 

何だろか?と思って、

外を見に行こうとAを誘いました。

 

A「あ~俺は辞めとく」

 

私は外が気になって仕方が無いので、

 

Aは置いて、他の職人さん達と一緒に

野次馬に行きました。

 

どうやら人だかりが出来ているのは、

いつも私がAと飯を食っていた海岸でした。

 

既に集まっていた野次馬に

話しを聞いてみると、

 

海で遊んでいた子供が一人、

波に飲まれて行方不明だと。

 

確かに、さっきまで

海岸で遊んでいた子供の数が、

一人減っていました。

 

私は後悔しました。

 

何時も通り、この海岸で

弁当を食べていれば、

 

波に飲まれた子供をいち早く

発見出来たし、

 

泳ぎにも自信がありましたので、

 

もしかしたら助ける事も出来た

のではないかと。

 

少し後ろめたい気分になって

Aの所まで戻り、

 

Aに海岸での事を話しました。

 

「今日もあそこで飯食ってたら、

俺らが何か出来たかもしれないよな」

 

A「ははは、無理だって。だから俺は、

今日あそこで飯食うの嫌だったんよ」

 

私は意味が解らなかったので、

Aに詳しく話を聞いてみると、

 

A「あそこって遊泳禁止なだけあって

色々とあるわけで。

 

こんな事言うからって変な目で

見ないで欲しいんだけど、

 

色々とあるわけよ。

 

お前はソッチ系には疎いみたいだから

言わないでおいたんだけど、

 

現場の中で弁当食った方が

涼しいのに、

 

何でお前は毎日海岸で、

弁当食べたがったの?」

 

「そりゃ、海見ながら外で飯食った方が

美味いと思って・・・」

 

A「その割にお前は、毎日

暑い暑い言いながら弁当食って、

 

弁当食い終わったらスグに

事務所戻って涼んでただろ?」

 

そう言われると確かに、

海岸で弁当食い始めたキッカケは、

 

海見ながら食べた方が気持ち良い

と思ったのですが、

 

2日目以降は、

 

何であんなに日陰も無い

クソ暑い場所で、 

弁当を食い続けてたのか、

 

我ながら不思議に思いました。

 

A「『あいつ等』の狙いは初めから

お前で、ず~っとお前は『あいつ等』に

呼ばれてたんだよ」

 

「???」

 

Aは初めて現場で私に会った時も、

私が海にいる『あいつ等』から

誘われてるのを感じていたらしい。

 

とは言っても、そんな事を初対面、

しかも元請の監督に真顔で話しても

馬鹿にされるし、

 

下手したら追い出されるだけなので、

毎日弁当に付き合って監視してたらしい。

 

Aは、私が『あいつ等』に誘われてるのは

分かっていたけど、

 

中々その『あいつ等』の姿を、

Aも見ることは出来なかった。

 

どうやら霊の方は、一方的に私に

意識チャンネルみたいなものを合わせ、

 

もっと波際まで引き寄せたがっている

らしかったのですが、

 

肝心の私が鈍すぎて、

手こずってたらしい。

 

A「だから『あいつ等』は、

お前の目の前で子供を海に

引き込もうとしたわけだ。

 

『あいつ等』からしたら、

子供の方が頭が固いお前と違って

誘い易いしな。

 

そうすれば、お前が子供を助けに、

海に入ってくる事を知ってたんだなぁ。

 

『あいつ等』は。

 

まぁ俺が邪魔したから、

子供が身代わりになっちゃった

わけだけど・・・。

 

今日は『あいつ等』とピッタリ波長が合う

子供が遊びに来たせいか、

 

今日は俺の目にもハッキリ、

『あいつ等』が見えたよ。

 

俺がお前を海岸から連れ戻した時の

奴らの雰囲気は、

 

俺もちょっと怖かったよ。

 

本命のお前を連れ戻されて

怒ったのかなw」

 

とAが笑いながら話してくれました。

 

って・・・そこまで分かってて、

何で遊んでた子供を放置したのかと

Aに問いただすと、

 

A「お前は誘われてるクセに

何も感じないから、

そんな事言えるんだよ。

 

子供等が遊んでた場所は、

完全に『あいつ等』の領域入ってたし、

 

お前だってアレが見えるなら

絶対近づけないし、

 

関わり持とうなんて思えないって。

 

お前を海岸から現場内に

連れ戻しただけでも、

 

俺って勇気あるな、

エライな~て思ったよ。

 

本当凄かったよ、

奴らの恨めしいそうな顔」

 

Aが言うには、

見えない感じない人は、

 

無意識に誘われてる事がある、

と言ってました。

 

また、誘われてる事にも

気が付かないらしい。

 

だから逆に、

見える感じる人は、

 

危ない場所には下手に

近づかないらしい。

 

A「お前だって、道路で子供が

刃物持ってる男に追いかけられてたら、

身を挺して阻止出来るか?

 

普通、出来ないよな。

 

それは、関わった後の面倒を

知ってるからだ。

 

それと一緒で、

 

俺も見えたからって、

人助けするほどお人良しじゃ無い。

 

相手が人間なら通報する事は

出来るだろうけど、

 

相手がこの世の者じゃなかったら、

警察も相手してくれないし。

 

まぁ、面倒事に巻き込まれるのは御免だよ。

 

でも、○○君(私の名前)とは

気が合ったし、

 

知らん顔して何かあっても

気分悪いからね」

 

この水難事故は、夕方のニュースでも

チラッと流れました。

 

私は夜中に気になって、

海岸まで車で見に行きました。

 

まだヘリは海岸沿いを飛び回り、

沢山の人が灯りを持って海岸を

捜索してました。

 

自分では「お人良しじゃない」

と言っていたAでしたが、

 

彼は去年の秋に、

川で溺れてる子供を助けて、

 

自分だけ逝ってしまいました。

 

2度目は、見て見ぬフリは

出来なかったのかな・・・。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ