幽霊って本当にいるの?「いるさ」。

木魚

 

これは、『幽霊の存在』にまつわる話。

 

山寺での修行中、僧侶たちの多くは変な体験をしたり見たりするという。

 

私が子供の頃、近くの寺に一人のお坊さんが住んでいた。

 

子供好きで、話し上手。

 

また、檀家の誰もがこのお坊さんのことを尊敬していた。

 

人相は悪いが、そこにいるだけで有り難いと思えるようなお坊さんだった。

 

それはある年の夏休みのこと。

 

近所の友達の健太(仮名)と寺の境内で遊んでいると、そのお坊さんがスイカをご馳走してくれた。

 

お坊さんと私と健太の三人で縁側に座り、セミの声を聞きながら他愛もない話をしていた時、健太が「幽霊って本当にいるの?」なんて質問をした。

 

「いるさ」

 

お坊さんはあっさりそう答えた。

 

そんなものいるはずないと声を張り上げる健太と私に、お坊さんは今夜泊まりに来るよう誘った。

 

両親に寺に泊まる許可をもらった私と健太は、ワクワクしながら夕飯を食べ、暗くなってから寺を訪ねた。

 

すると、お坊さんは麦茶を一杯飲ませてくれた後、私たちを本堂へ連れて行った。

 

「これから夜の御勤めの読経をするから、そこに正座して静かにしてなさい」

 

お坊さんはそう言って、真剣な顔になった。

 

私たちはお坊さんの後ろに並んで座り、嫌々ながら読経に付き合わされるハメに・・・。

 

子供にとってそれは恐ろしく退屈で、足の痺れる苦痛な時間だった。

 

けれど、悪ふざけをするわけにはいかない。

 

このお坊さん、子供好きで優しいが、悪いことをすると容赦なく叱るのだ。

 

それを身にしみて知っていた私たちは、黙ってお経が終わるのを待つしかなかった。

 

そして、読経が始まってしばらく経った時だった。

 

本堂の入り口、つまり私と健太のすぐ後ろで物音がした。

 

何の音だろうと耳を澄ましていると、どうも人の足音のように聞こえる。

 

しかも、靴の中にたっぷり水を入れたまま歩いているような、グチョッ・・・グチョッ・・・という足音。

 

それと、誰かにジッと見られているような嫌な感覚。

 

思わず背筋がゾッとして健太の方を見ると、彼も同じものを感じたように私を見ていた。

 

「おしょうさん・・・」

 

助けを求めるように、私たちは小声でお坊さんを呼んだ。

 

けれど、お坊さんは左手をちょっと上げて私たちを制した。

 

そのまま大人しくしていろ、そう合図しているようだった。

 

読経の間中、その不気味な足音と視線は続いた。

 

これからどうなってしまうんだろう。

 

私たちは不安になり、半べそ状態だった。

 

やがてお経が終わると、正体不明な音も視線も消えた。

 

私たちは緊張の糸が切れた勢いで、お坊さんにしがみ付いた。

 

お坊さんいわく、夜に御勤めの読経をしていると、成仏できない仏様がたまにやって来るのだという。

 

今夜来たのは、おそらく3年前に近くの川で身投げした身元不明の女の人。

 

毎年、同じ月日の同じ時間にやって来るそうで。

 

「幽霊がいるかいないかはわからない。信じる人も信じない人もいる。だけどね、こういう奇妙な体験をしてしまうと、お坊さんを続けなくちゃいけないと思うね」

 

お坊さんは静かにそう言った。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ