頑張るさんと呼ばれる便所の神様

トイレ

 

これは、先輩の話。

 

彼は卒業後も度々、部活の指導や手伝いをしに来てくれていた。

 

その都度、各地の興味深い山話を聞かせてくれた。

 

「ある小さなキャンプ場なんだけどさ、一応トイレがあるんだ。

 

汲み取りだけど。

 

でも一番奥まった大用の個室は誰も使う奴がいない。

 

そこで用を足しているとね、覗かれるっていうんだ。

 

いや、人に覗かれるんじゃない。

 

牛だってさ。

 

しゃがんでると、天井の方からモゥモゥ聞こえてくるんだって。

 

振り仰ぐと、ニヤニヤ笑ってるような顔の、牛の首だけが見えるんだと。

 

こっちの用が済むと掻き消すように消えるっていうけど。

 

逆に言えば、用が済むまでは消えないってことだよな。

 

この牛さん、『頑張るさん』って呼ばれて、便所の神様ってことにされてる。

 

本当にそうなのかは誰も知らないけど。

 

前から疑問なんだけど、一体この牛さん、何を頑張ってるんだろうな」

 

古典上の加牟波理入道|参考

十返舎一九による読本『列国怪談聞書帖』には「がんばり入道」と題した以下の話がある。大和国(現・奈良県)で、淫楽に取りつかれた男が、一族の者に性癖を諌められたために剃髪して山中の小屋におり、白目をむいて女たちを見張るので、「眼張(がんばり)入道」とあだ名されていた…(Wikipediaより)

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ