河の中から夕焼けを眺めていたモノ

河童

 

これは、知り合いの話。

 

彼はかつて漢方薬の買い付けの為、中国の奥地に入り込んでいたことがあるという。

 

その時に何度か不思議なことを見聞きしたらしい。

 

「とある山間を歩いていた時のことなんですが。

 

夕刻、大きな河にぶつかったのですよ。

 

この岸辺で野宿をしようかと荷物を降ろしたところ、これが実に見事な夕焼けになったんです。

 

麓の地平線一杯が、こう一面に真っ赤と染まりまして。

 

しばらく感動して眺めていたのです。

 

いやぁ、あれは素晴らしかった。

 

それに気が付いたのは、夕焼けからやっと目を離せた時でした。

 

目の前の河面に、何か黒いボールのような物が山と浮いていたのです。

 

大きさは、ちょうど人の頭ほどもありましたか。

 

何だろう、さっきは何もなかったのに。

 

そう思いながら見ていると…。

 

そのボールの一つが、くるりとこちらを向いたのです。

 

水面のすぐ上に、小さな黒い丸が二つ付いていました。

 

それが瞬きして初めて、目玉だとわかりました。

 

河の中に居た何者か達が、一斉に浮かび上がって夕焼けを眺めていたのです。

 

目が合った後も怖いとは思いませんでした。

 

あぁ彼らも夕焼けを美しいと思う生き物なのだな、とそんなことを考えまして。

 

あちらも私に興味をなくしたのか、すぐに落日に向き直りましたし。

 

日が完全に沈む頃、いつの間にか彼らは姿を消していました。

 

その夜はそこで一泊したのですが、別に何も起こりませんでしたよ。

 

村に戻ってから知り合いにこの話をしたところ、『あの辺りは昔から河伯(かはく)がいる。私が見たのもそれであろう』と言われました。

 

日本で謂うところのカッパみたいなモノなんでしょうかね。

 

最近のニュースで知ったのですが、あの地方、今は渇水で河が枯れてしまったそうなんです。

 

天候不順とか水の汲み上げ過ぎだと言われていましたが。

 

あれほどの大河が枯れるというのも凄い話ですけど。

 

あれだけ居た河伯達、何処に行ってしまったのでしょうね」

 

そう言った彼の顔は、どこか寂しそうだった。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年9月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ