土地の過去と奇妙な体験

俺の兄貴が小学生の頃の話。

(俺が生まれる前)

 

兄貴が小5の春頃、

 

おじいちゃんと一緒に近くの山へ、

山菜採りに入ったんだって。

 

狙っていたのはタラっていう植物の芽で、

幹にトゲが生えてるんだけど、

 

春頃に生えるその芽が、

てんぷらとかにするとすっごく美味しいんだ。

 

兄貴はそこの山でよく遊んでたらしくて、

山菜の種類は知らなかったけど、

 

おじいちゃんより山道には詳しかった。

 

そんなこともあって、

どれがタラの芽かを知ってから、

 

兄貴は一人で、

ずかずか山に入って行ったんだって。

 

兄貴は山菜採りに夢中になって、

普段は見えているけど

行かないような山にも入って、

 

結構な量が手に入ったので

満足して帰ろうとすると、

 

近くに人の気配がして

振り返ったんだって。

 

すると、10メートルぐらい離れた

大きな岩の上に、

 

ガリガリに痩せた汚い着物姿の白髪の

爺さんが、座ってたんだって。

 

ちょっとビビッタらしいんだけど、

足元に山菜籠があったから、

 

同じ山菜採りの人かと思って、

挨拶して帰ろうとしたんだ。

 

するとその爺さんが、

「坊主・・・タラの芽、探しとるのか?」

って言いながら、

 

所々歯の抜けた口を開けて

ニタリって笑ったんだって。

 

気持ち悪いとは思ったんだけど、

「うん、お爺さんも山菜採ってるの?」

って聞き返したんだって。

 

するとその爺さんは山菜籠に

手を伸ばすと、

 

「わしもタラの芽じゃ、知ってるか坊主、

タラの芽は生でもいけるんじゃぞ?」

 

って言いながら、

その場でワシャワシャ食っている。

 

兄貴はそれをジッと見て、

目が離せなかったんだって。

 

なぜならそれは、

「タラの芽」じゃなくて、

 

かぶれることでおなじみの、

「ウルシの芽」 だったんだ。

 

芽の形自体は似ているけど、

全然違うものだし、むしろ身体に悪い。

(ひどいかぶれを起こすから)

 

それをワシャワシャ食ってるお爺さんに、

兄貴は怖くて声も出せず、

 

ただ涙をぽろぽろ流して、

そこに立ち尽くす事しか出来かった。

 

その爺さんは、見ていると

体中ドロドロにかぶれていって、

 

口からは、噛む度に血が

湧き出てきてたんだって。

 

それによく見ると、

 

足が折れているのか、

変な方向に曲がっている。

 

「こいつはやらんぞ?

ここら辺にはもう食える物は残ってねぇ。

他の場所を探しな。

 

坊主も、もう村には

食いもんは残ってねぇから、

 

山まで入ったんだろうが

残念だったなぁ」

 

そう言うと爺さんは、

またニタリと笑う。

 

そして次の瞬間、

スウッと消えていなくなったんだって。

 

その後、兄貴は叫びながら

走って山を下りて、帰って来たらしい。

 

その事を大人に話しても誰も

信じちゃくれなくてふて腐れてた時、

 

地区の地区長さんが、その地域の

昔話を教えてくれたんだって。

 

「お前の入った山は、その昔、

姥捨て山だったんだよ。

 

それに、飢饉の度に

口減らしもあった。

 

多くの人があそこで食べ物を探して、

死んでいったんだ。

 

捨てられた人は、食えるものは

何でも口に入れたんじゃろうな。

 

お前さんが会ったのは、

その時代の人だろう」

 

地区長さんはそう言うと、

「この土地の過去は皆知らないから

あまり話すなよ」

と兄貴に釘を刺した。

 

それと、

「豊かな時代に育ったことを

幸せに思いなさい」

と言って家に帰されたらしい。

 

兄貴はその山が何処にあるのかは

未だに教えてくれない。

 

それと、好き嫌いを言うと、

ものすごく怒るんだ。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ