そこで野宿する女性は化け物に襲われる

キャンプ

※この話には性的な描写が含まれています

これは、知り合いから聞いた話。

 

彼の実家の山には、その昔『クサマラ』と呼ばれた化け物が出ていたそうだ。

 

当時そこは実家の土地ではなかったらしいが、“そこの山道で野宿をすると、この怪に襲われてしまう”ということだった。

 

ただし、大人の女性限定。

 

被害者の話では、丈の高い草むらがガサガサと揺れると、姿の見えない何かがそこから飛び出してきて、あっという間に押し倒されてしまい、あんな事やこんな事をウリャウリャされてしまったそうだ。

 

しかし何故か、クサマラを責めたり恨んだりする者はいなかったらしい。

 

「テクニシャンだったのかどうか知らないが、まぁ、性に関しては大らかな時代だったんだろう。

 

しかしあまりに噂が広まったんで、地元で風聞が悪いという話になってしまい、結局うちの先祖がそこの山を買うことになったんだ。※風聞=噂

 

で、新しく道を作ってから、クサマラの出る山道は使えなくした。

 

それからは、不埒なマラさんは出なくなったということだよ」

 

苦笑いしながら、彼はこの話を聞かせてくれた。

 

聞いていた私も苦笑いしていたと思う。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ