牛の脚の間から向こう側を覗くと

牛

 

これは、同僚が体験した不思議な話。

 

家族を連れて牧場へ遊びに行った時のこと。

 

山の牧場はとてものどかで、乳搾りをしたり羊を触ったりして楽しんでいた。

 

そうこうしているうち、子供が奇妙なことを訴えだした。

 

「あそこに何かいるよ!」

 

そう言って、柵を指差す。

 

だが、彼には何も見えない。

 

「何もいないぞ?」と返すと、「ダメ、それじゃ見えない!」と言って、彼の手を引いて移動させる。

 

牛の側まで来ると、「ここ!ここから見るの!」と牛の脚を示した。

 

どうやら、“牛の脚の間からあちらを覗け”と言いたいらしい。

 

苦笑いしながらも、子供の言う通りにする。

 

「…あれ?本当に何かいるぞ」

 

黒毛の小さな豚のような生き物が、柵の根元に座り込んでいた。

 

ペタンと胡座をかき、ひどく退屈そうな格好で。

 

豚に似て見えるが、どことなく人間臭い印象も受ける。

 

慌てて立ち上がって眺め直したが、そこからだと何も見えない。

 

ゆっくりとしゃがみ直し、もう一度脚の間から向こうを見やった。

 

「いた。何だ、何でここからだと見えるんだ!?」

 

思わず子供と駆け回って、そこらの牛や羊の脚の間を覗きまくった。

 

確かに見える。

 

普通に見ると見えないが、動物の脚間を通すと、黒小豚に似た生き物がそこにしっかりと見えてしまう。

 

父子でおかしな行動を取るのが目立ったのか、牧場の作業員が寄ってきた。

 

「あの、あの…」と口ごもる。

 

何と説明したら良いものやら。

 

作業員は微笑みながら、「マタマタが見えたんですね」と口にした。

 

聞けば、時折牧場に出没するモノノケなのだそうだ。

 

四つ脚の動物の、脚の間から眺めた時にだけ、その姿が確認できる。

 

昔からそこの牧場では、『マタマタ』と呼んでいるのだと。

 

「何をしても反応しないし、向こうから何かすることもないので放っています。

 

滅多なことじゃ気が付かないですしね。

 

気が付くのは大抵、お子さんのようにまだ小さな子供ですよ」

 

ただ牧草の上に座り込み、あくびをするだけのモノノケ。

 

おかしなモノもいるものだなぁ、と不思議に思ったのだそうだ。

 

(終)

※参考

異世界と繋がる窓は色んなところにある。

 

たとえば、狐の嫁入りは股の間から覗くと(いわゆる股のぞき)、その姿が見えるという言い伝えもある。

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ