もしあのまま発進していたら

首切峠

 

これは、ある峠で奇妙な体験をした話。

 

実家から1時間ほど離れた所に、『首切峠』という所がある。

 

通称ではなく、標識にもそう書かれてある実在する峠。

 

こんな名称の場所だけに、もちろん地元では心霊スポットとなっている。

 

でも実際は名前だけが一人歩きしているような場所で、丘というくらいの小さな峠だ。

 

当時は仕事場が近くにあって、私はここをよく通っていた。

 

ある日、残業で遅くなり、深夜2時頃にその峠を通ることになった。

 

いつもは夕方6時や7時頃に通っていたので、普段とは違う雰囲気に、少し怖さを感じていた。

 

やっぱり峠の名前も意味ありげで、深夜ということもあって余計に緊張していた。

 

でも前述の通り小さな峠なので、すぐ通り過ぎるからいいやと思ったのだ。

 

しかし、その日は違った。

 

峠の少し前で、工事中の現場に引っ掛かった。

 

無人で赤信号になる、あれだ。

 

そして、こちら側が赤信号だったので待っていた。

 

しかし、大抵は2分ほどで信号が変わるはずなのに、一向に変わらない。

 

早く帰りたかった私は、こんな時間だし対向車なんて来ねぇよなと思い、発進しようとした。

 

次の瞬間、車のガラスをコンコンと叩かれた。

 

そこにはサラリーマン風の男がいた。

 

ビックリしたが一応落ち着いた風に装い、窓を開けた。

 

「何ですか?」と問う。

 

「初対面の人に言うのは失礼だとは思いますが、×××××」と男の返答。

 

“×××××”の部分の言葉は聞こえなかった。

 

なぜなら、その瞬間に大型トラックが通って行ったからだ。

 

私は肝を冷やした。

 

もしあのまま発進していたら、トラックと正面衝突していたかもしれない…と。

 

ふと我に返ると、男はもういなかった。

 

結局、彼が何を言ったのか、そもそも何者なのか?は何一つわからなかったが、私はそれ以来、その道は通れなくなってしまった。

 

当時の仕事を辞めるまで、遠回りでも違う道を通るようになった。

 

そして、今でも『首切峠』は通れない。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年9月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ