向こう岸から睨むズブ濡れの女の子

川

 

これは、私が小学4年生の頃の話です。

 

その日、近所の女の子5人で近くの山へ行きました。

 

私の家は山に囲まれた盆地で、小学校の裏にも少し行けば山があったので、よく子供だけで行っていたのです。

 

その山には川が流れていて、深さは子供の腰くらいだったでしょうか。

 

岩も大きなものが沢山あって、ちょうどいい泳ぎ場もありました。

スポンサーリンク

「あんな子、いたかな?」

川で遊んでいると、ユカリ(仮名)が「足のマメを魚がつつく~」と言い出しました。

 

私たち他の4人は「ウソだ~」と言って疑っていましたが、ユカリがあまりにもしつこく言うので、みんなで潜って水の中の彼女の足を見てみました。

 

すると、確かに小さなメダカみたいな魚が、ユカリの足の親指にあるマメをつついていました。

 

私は顔を上げて、みんなに話しかけようとしました。

 

しかし、そこには誰もいなかったのです。

 

さっきまでユカリの足を4人で潜って見ていたはずなのに・・・。

 

「え!?」と思って川から上がると、3メートルほど向こう側の岸には、白いワンピースを着た女の子が凄い顔で睨んでいました。

 

「あんな子、いたかな?」と思いながらよく見てみると、その子はズブ濡れだったのです。

 

そして「迷子かな?」と思った瞬間、後ろから髪を引っぱられました。

 

しかし、後ろを振り向いても誰もおらず、向こう岸の女の子もいなくなっていました。

 

その後、一人で自転車に乗って帰ったのですが、一緒に行った友達4人は、私が急にいなくなったから心配で家に戻っていたそうです。

 

成長した今、あの頃の思い出として「メダカは人間の肉を喰うのか?」という考えが強かったのですが、やっぱりズブ濡れの女の子の方が怖いですよね・・・。

 

でも当時は怖いというより、「あの子は迷子かな?」と心配な気持ちだったかと思います。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2021年4月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

【特集】過去の年間ランキング

(2019年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2019年・怖い話ランキング20
(2018年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
アクセスランキング

このページの先頭へ