水難事故が起きた現場へ翌年に行ってみたら

玄倉川

 

これは、今でもよくわからない体験話。

 

13名が亡くなった玄倉川水難事故の翌年の秋、その玄倉川に親友と行った。※リンク先はWikipedia

 

川原に下りるにはゲートがあって立ち入り禁止になっていたが、すり抜けて入った。

 

水量は少なく、秋の澄んだ水で、俺は無性に向こう岸に渡りたくなった。

 

地形は手前に膝半分くらいの深さの水と流れがあり、その向こうは平らな川原。

 

さらに向こうにまた浅い流れがあって、そこを渡ると崖になっている。

 

俺は率先して川を渡っていったが、親友は浮かない顔をしながら付いて来ていた。

 

うらうらと日は照り、水はとても綺麗で、人っ子一人いない。

 

おやつに持って来ていたサンドイッチとコーヒーを取り出して親友にも勧めたが、なぜか「いらない。よく飲んだり食ったりできるな」と機嫌が悪かった。

 

仕方なく俺一人だけ、上機嫌で崖の岩に座って水の流れを見ていたが、親友は「座るのも嫌だ」と言って立ったままでいた。

 

すると、サンドイッチに眠剤でも入っていたのかと思うくらい、無性に眠くなってきた。

 

眠くて眠くて、座っている岩の上からズリズリと水の中にずり落ちそうになる。

 

そうしているうち、あまりに平安な気持ちの故か、『ああ、このまま身を投げて、水の間に間に流れて行ったらどんなにいいだろう…』と、妙なことを考えていた。

 

その時に突然、親友が「帰るぞ!頭が痛い。痛くて痛くて堪らん」と言いながら、ザバザバと水を踏みながら戻り始めた。

 

そのおかげか、俺は正気に戻った。

 

「大丈夫か?日向にいたからな」

 

そう親友を気遣いながら俺も元の岸に戻った後、向こう岸を振り向いてじっと見ている親友の顔を覗き込んだ。

 

そして、仰天した。

 

泣いている。

 

ボロボロ涙をこぼして…。

 

親友は屈強なランボーのような男で、アウトドアやサバイバルも得意であり、120kgもある冷蔵庫だって一人で運ぶような奴だ。

 

そんな男が大泣きしている。

 

「そんなに頭痛いの?」

 

少し狼狽気味に聞いたが、「いや、なぜか涙が出るだけ。無性に悲しいだけなんだ」と言う。

 

「とにかく帰ろう」

 

そう言って戻ろうとしたその時、親友の真後ろに”枯れ果てた古い花束”があるのを見つけた。

 

もしかして…ここってあの現場か?

 

俺は親友にそのことを黙ったまま帰りの途につき、後で調べてみた。

 

やはり、地形といい、砂防ダムとの距離といい、まさにあの現場だった。

 

親友からも電話があった。

 

彼も調べたらしく、結果はほぼ一致していた。

 

実はこの親友、姓は川村といい、その昔に玄倉川一帯を所領していた一族の末裔にあたる。

 

もしかして彼が泣いたのは、そのことと関係があるのかもしれない。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2023年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

【特集】過去の年間ランキング

(2021年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2021年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ